IT技術の発展とそこで市場を見つけた人たちのアイデアによって、昔と今を比較すると全く異なるサービスが登場しています。まさに知ってても知らなくても常識が変わってきていると言えるでしょう。ここではそんな現代に普及しているサービスをめくるめく紹介していきます。

お見合いは結婚相談所に取って代わった

この記事は約 3 分で読めます。

結婚をしたいと望んでいたとしても結婚相手がいなければ希望が叶わないのは、昔も今も共通していることです。
ですが結婚相手と出会うための方法は時代と共に変化してきました。
昔はお見合いで異性と出会うことが一般的でしたが近年は結婚相談所を活用する人が大半となっています。
そこでお見合いが結婚相談所のサービスに代わっていった背景をみていきます。

昔は一般的だったお見合いの多くは、結婚適齢期の男女の間に仲介役が入って行われていました。
仲介役となるのは親戚や職場の上司から近所に住んでいる方まで幅広く、人付き合いの中からお見合いへと発展していくことが多かったのです。
これは現代よりも人間同士の関わり合いが密であったことが理由としてあるのですが、それが面倒に感じる部分でもありました。
出会った方が理想的な人である場合は問題ありませんが、結婚相手としては考えられない場合仲介役を通して断りを入れなければならないなどの手間もあったのです。
さらに昔のお見合いは短期間で何度も行うことは難しかったので、なかなか結婚相手に巡り合えないもどかしさもありました。

そんな中男女が効率的に出会い結婚を目指すためにできたのが結婚相談所であり、サービスの利便性などから入会する人が増え今では一般的に利用されるようになりました。
結婚相談所が多くの人から支持されるようになったのは、お見合いの良いところを残しながら不便であった点が改善された仕組みです。
一般的な結婚相談所の流れは入会している会員の中からプロフィールや本人の希望を照らし合わせて、男女をマッチングさせていきます。
マッチング後は希望に合わせて顔合わせを行いそこから交際に進むかお互いの意思の上で決めていきます。

結婚相談所を利用するメリットは結婚を望んでいる異性と効率的に出会うことができる点であり、顔合わせを行い理想と異なった場合は他の会員と出会うことも可能で短期間で多数の異性と顔合わせを行うこともできます。
これはできるだけ早く結婚相手に出会いたい人にとっては大きなメリットであり、カップルが成立しやすくなります。
他にも昔のお見合いでは仲介役の方に謝礼を用意することも多くその謝礼の額は様々でした。
そのためお見合いにいくら必要になるか不透明なこともありましたが、結婚相談所は金額が明確になっているので事前に確認する事も可能です。
結婚を目指す人がわずらわしさを感じることがなく利用できることで、時代はお見合いから結婚相談所へと出会いの場を代えることになりました。