IT技術の発展とそこで市場を見つけた人たちのアイデアによって、昔と今を比較すると全く異なるサービスが登場しています。まさに知ってても知らなくても常識が変わってきていると言えるでしょう。ここではそんな現代に普及しているサービスをめくるめく紹介していきます。

カーシェアだけじゃない!シェアの時代到来

この記事は約 3 分で読めます。

一つのものを多くの人で共有するシェアという形に注目が集まっています。
これまでも一台の車を多くの人で利用するカーシェアというものが普及してきています。
買い物などの移動手段に一時的に使うだけであれば、車の購入費や維持費などにお金をかけるよりもその都度費用を払って借りたほうが安く済むという事も多いです。
同じ方向に向かう人が一台の車に乗り合わせるという形もあります。
特に都市部など土地が高いところは駐車場の確保も大変ですから、移動手段としての利用状況によってはこうしたカーシェアがお得になります。

車だけではなく最近では多くのものを共有して使うようになってきています。
話題となっているものでは住まいが挙げられるでしょう。
一軒の家に複数の人が入居するシェアハウスなどは増えてきていますし、留守の間住宅を民泊という形で旅行者などに利用してもらうという形も人気となっています。
民泊はホテルなどより費用を抑えることができて自由度も高いので外国人旅行者などに特に人気が高いです。
企業のオフィスなども共有することができる設備は共有にして、最低限の費用とスペースですませることができるというものもあり、起業したての方などを中心にニーズが高まっています。
一人だけでは使えないものも共有することで使えるようになるという事もあるのです。
こうしたスペースをシェアする形は土地の少ない日本では特に重要性を増していくと考えられます。

モノやスペースのようにわかりやすいシェアばかりではなく、最近では目に見えるものではないスキルなどもシェアしていくという形が増えてきています。
インターネットの発達により様々な人とのつながりを作ることやサービスの提供が容易となっていますから、専門的なスキルも必要な形で提供するということができていくのです。

インターネットの発達により個人間での物のシェアという事も規模を拡大してできるようになっています。
知っている人だけではなく遠くにいる知らない人との間でもサービス提供会社を通じてモノの貸し借りをしているという形が生まれてきています。

所有するということに価値が置かれていた時代は終わり、必要なものをどのように効率的に利用していくかということが重要になってきている現代では、これからもますますシェアという形が求められていくことになるでしょう。
ぜひ身近なところで取り入れられるシェアの形に目を向けてみましょう。