IT技術の発展とそこで市場を見つけた人たちのアイデアによって、昔と今を比較すると全く異なるサービスが登場しています。まさに知ってても知らなくても常識が変わってきていると言えるでしょう。ここではそんな現代に普及しているサービスをめくるめく紹介していきます。

思いつきそうでこれまでなかったAirbnb

この記事は約 3 分で読めます。

Airbnbは、2008年にアメリカサンフランシスコにて創業した宿泊施設予約ができるサイトです。
全世界191か国でアパートからお城までの部屋を様々な価格帯で借りることができ、ユニークな旅行体験をすることができます。
また同時に空き部屋を旅行者に貸すことで収入に変えることができる方法として、部屋のオーナーにとっても多くのメリットがあり、利用者も増え急成長している企業です。
日本においては、民泊と呼ばれ、今まで法律で整備されていない分野であったので、公的にも民泊に対応できるように議論し始めたところでこれからどんどん民泊は増えていくことでしょう。

Airbnbは空き部屋を貸し出すことで収入を得たい人と旅行先の現地で生活するように旅行を楽しみたい人が相互に利用するプラットフォームです。
空き部屋を貸し出す時にはお部屋を登録し、ゲストとの交流を楽しみたい人も同様にお部屋を登録します。
部屋を借りたい人は場所や期間を設定すると、あてはまる部屋をたくさん検索できるので、サイト上から安心して予約から決済まで行うことが可能です。

Airbnbに掲載されている部屋は普通のホテルでは体験できないようなユニークなものが多いです。
オーナーの趣味が反映されたおしゃれなお部屋やなかなか泊まることができない船の中や豪華なお城まで予算が合えば十分泊まることができます。
Airbnbで民泊をするメリットは圧倒的に価格が格安なことが挙げられます。
全世界をはじめ日本も都心部では、ホテルの数が限られ1泊1万円以上するホテルが一般的です。
Airbnbでは数千円~と格安に泊まることができます。
人数を追加しても料金が変わらないところもあり、家族やグループ、1人の旅でも宿泊費を安くすることができるのです。

そんな今までありそうでなかったAirbnbですが、犬の飼い主と預かり先のマッチングをする犬版のAirbnbであるDogVacayがシェアリングエコノミーの新しいサービスが話題を集めています。
DogVacayは、出張や旅行の現地へペットを連れていけない時など、ペットを預けることのできる飼育経験のあるホストを探すことができるサービスです。
ペットホテルなどでは、何十匹の犬と一緒にいなくてはいけなく、柔軟性がないことも多いです。
愛犬のことをよく理解したうえで預かってくれるホストですと、愛犬の不安を最小限に預かってもらうことができますので、飼い主も安心できます。