IT技術の発展とそこで市場を見つけた人たちのアイデアによって、昔と今を比較すると全く異なるサービスが登場しています。まさに知ってても知らなくても常識が変わってきていると言えるでしょう。ここではそんな現代に普及しているサービスをめくるめく紹介していきます。

退会はありえない!写真を載せて人が集まるインスタグラム

この記事は約 3 分で読めます。

近年になってスマートフォンが広まったことによって、老若男女問わずSNSを利用する人たちが増えています。
そのSNSに関してもここ数年で様々なものが市場に現れていますが、その中でも特に若者の人気が高いものがインスタグラムです。
インスタグラムは写真や動画を仲間内および、不特定多数の人と共有して楽しむものです。
一般人だけでなく芸能人や企業も積極的にインスタグラムをやっていますし、投稿はしないのだけれど、人の投稿は見るといった見る専の人たちも数多くいます。
以下の文章ではそんなインスタグラムについて記述していきます。

まず、インスタグラムではメールアドレスさえあれば誰でもアカウントを持つことができますし、スマートフォンだけでなく投稿を見るだけならパソコンでも可能です。
アカウントをつくってプロフィールを書いたら、すぐに写真なり動画なりを投稿することができますし、友人や芸能人の写真を楽しむこともできます。
人の投稿にはいいねやコメントといったレスポンスができ、写真や動画を通して交流を深めることができるのがポイントです。
また投稿にはその写真や動画の説明文を記述することができ、ハッシュタグやタグ付けによってより多くの人と交流をすることも可能です。

ハッシュタグは投稿の説明文に記述することが可能な、「#」から始まる文面のことで、これを書くことによってインスタグラム内でのハッシュタグ検索に引っかかるようになりますし同じような画像をだしている人をすぐに見つけられます。
タグに関しては、投稿した写真や動画に写っている自分以外の人物がインスタグラムのアカウントを持っている場合に自分が投稿した画像に貼ることができるその人のアカウントのリンクです。
インスタグラムでは投稿に知り合いが写っていたら、その知り合いのアカウントへのリンクを貼る習慣があり、タグ付けと言われます。

ツールを使えば、他人のインスタグラムの写真や動画をリポストといって自分のものとしても投稿することができます。
ビジネスにおいても重要で、企業の投稿を個人のユーザーにたくさんリポストしてもらえれば広く拡散して広告のように働いてくれます。
その投稿やプロフィールに企業のホームページのURLを載せれば企業の知名度もよりあがりますし、インスタグラムはマーケティングとしてもとても優れたアイテムです。
ちなみに投稿したものはアーカイブといっていつでも非公開にすることができ、それを公開しなおすことも簡単にできます。
もちろん、投稿を削除することもでき、インスタグラムはユーザーのニーズをしっかり満たしています。

このようにインスタグラムは社会に溶け込み、今ではどんな場面でも欠かせないツールとなっています。
インスタグラムを退会する方法を知りたい人はほどんどいないと思いますが、もし退会したくなったら正規の手順を踏む必要があります。
単にアプリを削除すればいいというわけではないので注意が必要です。